Mams Today
2016年12月14日 10:00 イベント情報

プレーパークって知ってます?

プレーパークって知ってます?

以前、公園遊具の事故があったこともあり、最近は危険だと判断される遊具は一気に減りましたよね。

ただ、子供の頃を思い起こすと、危ない遊具ほど人気があったのも事実。

頭を強打したり、血だらけになったり・・・(笑)。 昔と今は全く公園事情も変わりました。

ただ、子どもには、たまにはワクワクしたりドキドキする遊びもたまにはしてほしいなぁ~と思ったりもします。

(もちろん安全面は外せませんが・・・)

「プレーパーク」っていうのを発見しました!

プレーパークは、従来の公園、既成のブランコ、シーソー、鉄棒などがあるようなお仕着せの遊び場と違い、一見無秩序のように見えて、子供たちが想像力で工夫して、遊びを作り出すことの出来る遊び場、東京都世田谷区羽根木プレーパークがオープンして、この言葉が日本でも広く知られるようになった。
子供の安全の確保のために指導員を置いたりすることもある。
もともとは、ヨーロッパの都市の子供のための公園で、古タイヤを積み上げたりしただけで遊び場として提供するといった動きが出てきて、そういうものに見習ったもの。
子供たちが、安全に、しかし、予め設えられた設備や遊びのプランの選択肢に縛られることなく、自由に変更や改変を加えて、自分たちのアイディアとスタイルで楽しみ、発見や創造する喜びを味わえるというのが、プレーパークの哲学である。

「プレーパーク」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。2016年12月13日19時(日本時間)現在の最新版を取得。

 

なんだか楽しそうな「プレーパーク」

__www-pakutaso-com_shared_img_thumb_n612_suberidaiwosuberukodomo

 

どこにそんな施設があるの??調べてみました。

↓↓全国のプレーパークを一覧で紹介されているサイトを発見!↓↓

全国に結構あるもんです。

是非、お近くのプレーパークにお子さまを連れて遊びに行ってください!!

 


__www-pakutaso-com_shared_img_thumb_elfa88_yukidarumasan20150101144527

と言っても、冬本番の寒さ。当面行けないかなぁ?

春の行楽の準備。いや、早いか・・・。

 

けど、強引に

「春の行楽の計画に是非!」

 

※プレーパークは、各施設で運営方針等が異なりますので、各施設のWEBページで確認、

  もしくはお問い合わせ確認してくださいね!

最新情報 Backnumber