子育て情報
2020年6月23日 9:53 暮らし 社会

内祝い~幸せをお裾分け~

内祝い~幸せをお裾分け~

「内祝い」を贈ったことがありますか?
「内祝い」と聞いても、経験がなくピンとこない人が多いかもしれません。しかし結婚や出産といった節目に大きく関係してくるため、基礎知識をしっかり押さえておくことが大切です。
本日は一緒にお勉強しましょう♪

 

そもそも「内祝い」ってなに?

結婚や出産など「身内のお祝い」があった時、「我が家でいいことがあったので、お祝いの品として幸せをお裾分けいたします。ぜひ一緒に喜んでいただけたら嬉しいです!」ということ。

現代ではお祝いを頂いた方へ「お返しの気持ち」の意味合いで、内祝いを贈るというのが主流になっているようです。

 

内祝いの種類

*結婚内祝い*

結婚したことの報告を兼ねて、親しい人や日頃お世話になっている人に贈り物をすることが本来の「結婚内祝い」。結婚式を催す場合は、そこにご招待して引き出物を贈ることが内祝いになります。ただし、ご祝儀が高額でその引き出物では不十分だと感じた場合、あるいは結婚式は行なわないけれどお祝いをいただいた場合には、「結婚内祝い」としてお礼の品を贈ります。

のしは「紅白で結び切りの水引」を選び、表書きは「内祝」または「寿」が適しています。差出人には「新姓」あるいは「新姓の下にふたりの名前を並べて」書くのが基本です。

 

*出産内祝い*

赤ちゃんが生まれた際、親しい人や日頃お世話になっている人に贈り物をすることが本来の「出産内祝い」。しかし最近は、いただいた出産祝いに対するお返しという意味で使われることが多くなっています。贈る時期としては、赤ちゃんが生後1ヵ月になる、ちょうどお宮参りの頃が目安です。

のしは「紅白で蝶結びの水引」を選び、表書きは「内祝」とします。差出人には「赤ちゃんの名前」を書き、読みやすい名前でも読みにくい名前でも必ずふりがなをふります

 

*初節句内祝い*

お子様が初節句を迎えるにあたってお祝いの食事会を開催する方も多いかと思います。お祝いを頂いた方をそこにご招待するのであればそれが内祝いとなり、あえて内祝いの品を用意する必要はありません。ただし遠方などで食事会に来られない方にお祝いをいただいた場合には、「初節句内祝い」としてお礼の品を贈るのが一般的です。

のしは「紅白で蝶結びの水引」を選び、表書きは「内祝」または「初節句内祝」とします。差出人には「子どもの名前のみ」で、名字は書かないため要注意!

 

~おすすめ内祝いギフト~

 

*定番タオルギフト*

 

必ず喜ばれる消耗品 「今治タオルセット」


 

女性に人気「ジルスチュアート」タオルセット


 

*お米ギフト*

 

おいしいお米の食べ比べ 極旨のふりかけセット(名入れ可)


 

出産を可愛いパッケージで報告(名入れ可)


 

*名入れギフト*

 

長崎カステラ 桐箱に名入れ


 

かわいい「はらぺこあおむし」焼き菓子セット


 

*変わり種ギフト*

 

自分では買わないけれど、貰って嬉しい「ホテルドレッシング」


 

どんなシチュエーションにもオススメ「ジャム&ドレッシングセット」


 

 

内祝いで感謝を伝えましょう♪

結婚、出産など人生の節目でお祝いする文化の日本ですが、併せて感謝を伝えるギフトを贈ることでさらに嬉しさ、幸せが溢れます♪

マムズ・マート楽天市場でもたくさんの内祝いギフトを取り扱っております。
ぜひ、ギフトを考えている方はチェックしてみてください\(^o^)/

 

最新情報 Backnumber